最近テレビ番組に引っ張りだこなのが、タレントの長嶋一茂ですよ。

芸能活動は以前から行っていたものの、この数か月で急にテレビ出演が増えたように思います。

そんな長嶋一茂には元ホステスの嫁がいるのですが、家族間での不仲や落書き事件の発端になっていると評判です。

そこで今回は長嶋一茂の嫁についてまとめてみました。

 



長嶋一茂、プロフィール

 

長嶋一茂の嫁、ホステス時代の画像ある?評判と、落書き事件の関係は?

 

長嶋 一茂(ながしま かずしげ)は1966年1月26日生まれです。

父親やミスタージャイアンツこと長嶋茂雄。

妹にはキャスターの長嶋三奈がいます。

現在ではすっかりバラエティタレントとなった長嶋一茂ですが、元々は父親同様プロ野球選手です。

ヤクルトスワローズから読売ジャイアンツへと移籍し、当時ジャイアンツの監督だった父・長嶋茂雄と同じグラウンドに立っています。

ただし、スーパースターだった父親と比べると、長嶋一茂のプロ野球選手としての成績は充分とはいえません。

7年間のプロ野球選手生活で、打率.210、本塁打18本となっており、決して良い成績ではありませんでした。

 

後に本人が語ったところによると、すでにプロ1年目の4月の時点で自分の才能の限界を悟っていたそうです。

また、ジャイアンツ時代には、パニック障害になっていたことも本人によって語られています。

父親があまりにも偉大すぎて、それをプレッシャーに感じていたのでしょうね。

 

Sponsored Link




長嶋一茂、ブレイクする!

 

長嶋一茂の嫁、ホステス時代の画像ある?評判と、落書き事件の関係は?

 

プロ野球選手を引退した長嶋一茂は、長嶋企画という会社を立ち上げ、タレント活動を行ってきました。

父親譲りの天然な性格と浮世離れした感覚から繰り出されるトークはタレント開始直後から変わりませんが、「2018年上半期ブレイクランキング」では9位など、なぜか急に大ブレイクしています。

これに関して本人は、「何かきっかけがあったっていうのでも別にないし。芸能界にいる能力もはっきり言ってないわけだから。たまたま何か偶然が重なったっていうことになるとすぐに終わりますよ」と語っています。

たしかに、間の抜けたコメントが面白かったりするのですが、それは昔からですよね。

おそらく長嶋一茂が変わったということではなく、今の視聴者の感性が長嶋一茂にハマっているということなのでしょう。

 

Sponsored Link




長嶋一茂が結婚した嫁は一般人のホステス?

 

長嶋一茂の嫁、ホステス時代の画像ある?評判と、落書き事件の関係は?

 

長嶋一茂の人気が高まっている一方で、評判が悪いと言われているのが嫁の長嶋 仁子(ひとこ)です。

元々は銀座の高級クラブ「ドルフィン」でホステスをしており、二人が出会ったのもその店です。

店では1,2を争う人気ホステスだったようですが、1996年にホステスを辞め、長嶋一茂の立ち上げた長嶋企画のマネージャーとなりました。

その後、1999年9月に二人は結婚しています。

 

Sponsored Link




長嶋一茂の嫁のホステス時代画像ある?

 

長嶋一茂の嫁、ホステス時代の画像ある?評判と、落書き事件の関係は?

 

こちらが結婚当初の画像です。

この時二人とも33歳なのですが、嫁の方が風格がありますよね(笑)

さすがは元銀座のナンバーワンといった感じです。

残念ながらホステス時代の画像はないのですが、さぞかしお綺麗だったことでしょう。

 

Sponsored Link




長嶋一茂の嫁は評判がいい?悪い?

 

長嶋一茂の嫁、ホステス時代の画像ある?評判と、落書き事件の関係は?

 

さて、そんな長嶋一茂の嫁ですが、実は結婚当初からあまり評判は良くありませんでした。

長嶋茂雄は二人のことを遊びの付き合いだと思っていたそうですし、結婚式に妹の長嶋三奈は出席していません。

兄の結婚式に出席しないというくらいですから、よほどのことですよね。

長嶋一茂の嫁はホステス時代から気が強いと評判だったそうなので、それが原因で何かしらのトラブルになっていたのかもしれません。

 

 

Sponsored Link




「バカ息子」書き事件は嫁と江角マキコによる確執だった?

 

長嶋一茂の嫁、ホステス時代の画像ある?評判と、落書き事件の関係は?

 

長嶋一茂の嫁の評判を語る上で外せないのが、何と言っても「落書き事件」でしょう。

これが起こったのは2012年の大晦日のことです。

長嶋一茂一家が正月旅行から帰ってみると、自宅の壁に「バカ」「アホ」「バカ息子」とスプレーで落書きされていました。

この犯人、実はご近所で家族ぐるみの付き合いをしていた江角マキコのマネージャーだったそうです。

刑事事件にはなっていませんが、マネージャー本人が週刊文春に真相を告白し、江角マキコから指示を受け落書きをし、見返りに10万円を受け取ったと語っています。

(ただし、江角マキコ本人はこれを否定しています)

 

この落書き事件と長嶋一茂の嫁がどう関係してくるのかというと・・・

どうやら江角マキコは長嶋一茂の嫁を中心としたママ友達からイジメられていたようなのです。

つまり落書きはイジメに対する報復だったということになりますね。

落書き事件の1ヵ月前には江角マキコの子供がお受験に失敗しており、噂では長嶋一茂の嫁が圧力をかけて不合格にさせたとも言われています。

 

本当に長嶋一茂の嫁が圧力をかけたかどうかは分かりませんが、元々評判が良くなかっただけに、この一件でさらに評判が悪くなってしまったようです。

もっとも、長嶋一茂本人はさほど気にしていないようで、「バカ息子」の落書きを見て、「うちには娘しかいないんだけど」と首をかしげていたそうです。

(落書き犯は長嶋茂雄のバカ息子=長嶋一茂という意図で書いたと思うのですが、そこにピンとこないあたりが長嶋一茂らしいですよねw)

 

 

Sponsored Link




まとめ

 

今年に入って大ブレイクしている長嶋一茂ですが、嫁の方はイマイチ評判が悪いようです。

長嶋三奈が長嶋一茂の結婚式に出席しなかったり、落書き事件があったりしたことが悪い評判の原因のようです。

とはいえ、大ブレイクしたタレント長嶋一茂を影で支えていることも事実な訳ですから、もしかするとそんなに悪い人でもないのかもしれませんね。

 

あなたへのオススメ

[irp]

[irp]

[irp]

[irp]

[irp]

 

Sponsored Link






Sponsored Link